バランスボールでトレーニング!まずは座ることから

トレーニングをする方法にはいろいろなやり方があります。

鍛えたい筋肉によって、トレーニング方法は違いますし、どれくらい鍛えたいのかによっても変わってきます。

また、ジムでしっかりとした指導を受けることもありますし、自宅でトレーニングをすることもあります。

そうした中で今回は、自宅で手軽にできるバランスボールを使用したトレーニングをご紹介します。

バランスボールは、座るだけでもトレーニングになるのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

音楽とヨガの関係は?

心と体を落ち着かせ、インナーマッスルを刺激するにも効果的なのがヨガです。最近は、激しい動...

ダイエットのために!運動をお風呂でやろう!

日本人は、毎日お風呂に入るという方が多いですが、その入浴する習慣をダイエットに活かせたら時間も有...

ストレッチポールは代用できる?簡単な作り方とその使用法

ストレッチポールを使ったダイエットやストレッチはたくさんあります。しかし、ストレッチポールは...

ダイエットにおすすめの筋トレをご紹介!

ダイエットといえば、食事制限やジョギング、ランニングなどの有酸素運動のイメージが強いですが、筋ト...

バランスボールでスクワット!壁を使った方法をご紹介

バランスボールを使った筋力トレーニングの方法には、たくさんの種類があります。その中でも、スク...

お腹痩せダイエット!ウエストのくびれを作る腹筋方法は?

ダイエットをしたのに、お腹周りは締まりがなく、弛んだままで悩んでいる人は多いようです。できること...

バランスボールを使ってダイエット!腹部を引き締めよう!

食事制限などのダイエットをしても、お腹だけポッコリしている、そんな悩みを持ちの方も多いことでしょ...

ダイエットや健康に大切!1日に飲む水の適正量と注意点は?

人間の体の大部分は水分で成り立っているため、体の水分が不足すると大変なことになってしまいます...

アラサーは痩せない?若い頃とダイエットの方法を変えよう

アラサーになり、ダイエットしようと決意したは良いものの、ダイエットしても成果が出ないというこ...

バランスボールの使い方は?体幹はどのように変化する?

体幹を鍛えることは、スポーツ選手であれば運動パフォーマンスの向上などに繋がり、それ以外の方であれば、...

エクササイズダンスで簡単に楽しく痩せて綺麗になろう!

最近は、食事制限のダイエットから運動で痩せるダイエットまで、様々なダイエット方法がありますね...

バランスボールのミニサイズで運動!使い方をご紹介

バランスボールでトレーニングを行うことは、体幹を鍛える上でとても有効です。また、手軽に使...

ダイエットに適しているのはウォーキング?

ダイエットするならまずは運動ですが、いざ運動するとなると、準備やその後の筋肉痛などが心配になった...

バランスボールでトレーニング!腹筋への効果は

バランスボールは、座っているだけで体幹をトレーニングすることができる、トレーニング器具の一つです。...

ダイエットを成功させるには?秘訣をご紹介

主婦のブログといえば、やっぱり子育てについてのものが多いですよね。しかし、それに肩を並べ...

スポンサーリンク

バランスボールを椅子の代わりに使うオフィスが増えている!

オフィスで、バランスボールを椅子の代わりに導入した企業が、話題になっています。

直線の多いオフィスの中に、球体のバランスボールが存在するのは、見た目のインパクトが大きいものです。

もちろん、見た目の奇抜さだけを求めて、バランスボールを導入しているわけではありません。

バランスボールを椅子の代わりに使用することには、様々なメリットがあり、その中でも姿勢を改善する効果が、特に評価されています。

背中を丸めた姿勢でデスクワークをしていると、腰痛や肩こりを引き起こしかねません。

そういった要因で、作業の効率が下がることも大きな問題です。

そこで、座るだけで体幹をトレーニングすることが可能な、バランスボールが選ばれているのです。

バランスボールに座ることで、自然と背筋が伸びてきます。

ボールは転がるので、良い姿勢で座らないと、転げ落ちる可能性があります。

そのため、無意識のうちに姿勢が良くなるのです。

そして、良い姿勢を取り続けている間に、自然と体幹が鍛えられます。

体幹が鍛えられることで、さらに姿勢が良くなります。

こういった好循環を得られるのも、バランスボールを椅子代わりに使用することのメリットです。

オフィスにバランスボールがあるという風景は、そのうち珍しくなくなるかもしれませんね。

バランスボールトレーニングの基本は座ること

バランスボールには、転がるという特性と、弾力性があるという特性の、2つの大きな特徴があります。

転がるという動きは、不安定性を生み出すのでいろいろな筋肉に同時に作用しますし、弾力性があるおかげで、身体への負担が減ります。

つまり、バランスボールは身体へあまり大きな負荷をかけずに、様々なトレーニングが可能だということです。

この特徴に注目をして、トレーニングジムなどで、バランスボールが使用されるようになりました。

また、自宅でも楽にトレーニングを行うことが可能なので、個人的に購入する人たちも増えてきました。

おかげで以前は、8,000円位したバランスボールも、現在ではなんと1,000円位でも購入することが可能になっています。

ただし、あまりにも安いバランスボールには、安全性や匂いの点で問題があるようなので注意してください。

さて、バランスボールを購入した後の問題は、どのようにバランスボールを使用すれば良いのかが分からないという点です。

そこで、最近はブログで、動画をアップしている人が増えているので、それらのブログを参考にすることをおすすめします。

そして、どのブログを見るにしても、基本となるのはバランスボールに座るということです。

リングを使ってバランスボールに座ることに慣れよう!

バランスボールの一番基本的な使い方は、ボールの上に座ることです。

とはいっても、慣れないうちはただ座るだけでも難しいものです。

バランスボールは転がるので、座り方によっては転倒する危険性が生じます。

だからといって、座ることを怖がっていたのでは、いつまでたっても先に進めません。

そこで、バランスボールに座る上で、とても役に立つグッズをご紹介します。

それはバランスボールリングという円形のグッズで、バランスボールの下に置いて使用します。

このリングを使うことで、バランスボールが勝手に転がらなくなります。

転がる心配が無いので、安心して座ることができるというわけです。

ボールは転がらなくなりますが、弾ませることは可能なので、簡単なトレーニングを行えます。

そうしたトレーニングを続けるうちに、体幹が鍛えられ、リングなしで座ることも可能になるでしょう。

この便利なバランスボールリングは、通販などで購入することができます。

バランスボールにいろいろなサイズがあるように、バランスボールリングにもそれに対応したサイズが用意されています。

ご自分のボールのサイズを確認してから購入するようにしましょう。

また、このリングは手作りすることが可能です。

作り方を公開しているブログなどを参考に、自分で作るのも良いでしょう。

座ることから始めるバランスボールトレーニング

バランスボールに慣れ、バランスボールリングを使わなくても座ることができるようになったら、様々なトレーニングにも挑戦をしてみましょう。

バランスボールに座って行うトレーニングの基本は、腰を前後に振るトレーニングです。

最初は、小さな動きでも構いません。

気軽に腰を前後に振りましょう。

前後の動きに慣れてきたら、次は左右に腰を振ります。

左右の動きは、前後の動きよりも難しいかもしれません。

なぜなら、なかなか普段しない動きになるからです。

しかし、普段しない動きだからこそ、トレーニングにもなるのです。

最近、骨盤がずれている人が多くなっていますが、この左右の動きで改善をすることができます。

左右の動きにも慣れたら、円を描くように腰を回転させてみましょう。

最初は右回りで行い、続いて左回りでも行います。

このとき、動きの悪い方向があるのなら、身体の軸がずれているということになります。

もし軸が右にずれていると、左回りが難しく感じます。

逆に、軸が左にずれていれば、右回りが難しく感じます。

このように、動かす方向により違いがある場合には、違いが無くなるまで繰り返しましょう。

このトレーニングを何度も繰り返することで、身体のバランスが取れてくるのです。

バランスボールに座って行なうトレーニングで体幹を鍛えよう!

バランスボールに座ることで、身体のバランス感覚がだんだんと良くなっていきます。

前後左右、さらに右回り、左回りの腰の運動を問題なくできるようになったら、もう少し難しいトレーニングに挑戦をしてみましょう。

鍛えたいポイントは体幹を構成する筋肉です。

体幹がしっかりしていないと、いくら外側の筋肉をトレーニングしても、思うようなパフォーマンスを発揮することはできません。

つまり、全てのトレーニングの基礎となるのが、体幹トレーニングだということになります。

そして、バランスボールは体幹トレーニングに最適な道具なのです。

では、バランスボールに座って行なう、基本的な体幹トレーニングをご紹介します。

フローリングの床では滑るので、カーペットなどの上で行いましょう。

まず、ボールの上に座ります。

次に、そのまま腰を前に出します。

背中の下にボールが来たら、腹筋の要領で上半身を起こします。

このとき、両手は両耳につけてください。

また、上半身を起こすときには、息を吐きながら行います。

これにより腹筋だけでなく、ボールから落ちないようにするために働いている、体幹も同時に鍛えることができるのです。

どうしてもバランスボールに座ることが難しいときには

バランスボールに座ることに慣れたら、先ほどのようなトレーニングが可能になります。

バランスボールを使用したトレーニングには、いろいろなやり方があるのでトレーニングブログや、YouTubeなどの動画を参考にして、試してみるのも良いでしょう。

しかし、中にはどうしてもボールに座ることができないという人もいます。

そういった場合には、椅子にセットして使用する、バランスボールクッションがおすすめです。

このクッションは、平たくなったバランスボールのような形をしています。

空気を入れて使用するという点は、バランスボールと一緒で、椅子の上に置いて使います。

実際に座ってみると、思ったよりも腰を動かすことができるので、手軽にバランスボール感覚を味わえます。

このバランスボールクッションで、腰の運動に慣れていきましょう。

弾力性はあまりありませんが、腰を回転させることが可能なので、見た目よりもトレーニング効果があります。

上級者は、このクッションの上に立つこともできますが、そこまで無理をする必要はありません。

デスクワークの合間に、腰に手をあてながら前後左右に動かします。

これだけでも、腰痛の予防になりますし、腸を動かすので、お通じが良くなることもあるでしょう。

バランスボールに座ることを習慣にしよう!

どのようなトレーニングでも、一番大事なポイントは、継続をするということです。

普段の何気ない生活の中で、トレーニングをすることができれば、継続も容易になります。

その点、椅子代わりに使用できるバランスボールは、継続性という点でもトレーニングにピッタリです。

この利点を活用するためにも、バランスボールに座るという習慣をつけましょう。

日々の習慣になれば、バランスの良い身体へ変わることも容易になるでしょう。