ストレッチポールは代用できる?簡単な作り方とその使用法

ストレッチポールを使ったダイエットやストレッチはたくさんあります。

しかし、ストレッチポールは案外値段も高く、サイズも大きいです。

買ったはいいものの、有効に使いきれなくて家の片隅で邪魔になったりしてしまうかもしれません。

そこで、今回は簡単に用意できるストレッチポールの代用品や、その作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エクササイズダンスで簡単に楽しく痩せて綺麗になろう!

最近は、食事制限のダイエットから運動で痩せるダイエットまで、様々なダイエット方法がありますね...

リンパマッサージで太ももが痛いならセルライト対策!

すらりと美しい脚、スーツやデニムをかっこよく履きこなせる引き締まった脚に憧れた経験は、誰しも...

リンパマッサージで顔をスッキリ!やり方は?

仕事が終わり帰宅し、鏡を覗いたときに「自分の顔、疲れてるな…」と思ったことはありませんか?...

ヨガに挑戦しよう!初心者向けの基本ポーズとは?

ヨガは呼吸や1つ1つの動作を丁寧に行うことが大事です。基本の動作を丁寧に行うことで、難しいポ...

音楽とヨガの関係は?

心と体を落ち着かせ、インナーマッスルを刺激するにも効果的なのがヨガです。最近は、激しい動...

ダイエットで運動しても効果が出ない原因は?

食事制限ではなく、運動によってダイエットしようとしてもなかなか痩せないと嘆く人はたくさんいるよう...

バランスボールで効果を高めるストレッチ方法

「バランスボールってダイエットや健康によさそうだけど、使い方がわからない」という人もいますよね。...

ヨガの逆立ちで体をリセット!自宅で出来るやり方は?

最近では、ダイエットや健康のためにヨガを始めている人が多いようです。ヨガスクールなどに通える...

ダイエットを成功させるために!効果的な走り方は?

ジョギングやランニングなど、走ることでダイエットをしている人もたくさんいます。それがダイ...

バランスボールを使った有酸素運動のやり方をご紹介!

バランスボールと聞くと、ストレッチや筋力トレーニングで使われるようなイメージをお持ちの方も多...

バランスボールで背筋をどのように筋トレするのが効果的?

昨今、体幹はとても重要だと言われています。体幹を強化することで、猫背を予防する、腰痛...

ダイエットに運動は必要?

ダイエットで痩せたいと思った時、まず必要だと思い浮かぶのは運動ではないでしょうか。しかし...

バランスボールでゆったりトレーニング!体幹をどう変える?

バランスボールでのトレーニングは、体幹を手軽に効率よく理想に近づけるのにとても適しています。...

バランスボールでトレーニング!腹筋への効果は

バランスボールは、座っているだけで体幹をトレーニングすることができる、トレーニング器具の一つです。...

ダイエットを成功させるには?秘訣をご紹介

主婦のブログといえば、やっぱり子育てについてのものが多いですよね。しかし、それに肩を並べ...

スポンサーリンク

ストレッチポールの使い方は?

ストレッチポールを使うことが体にいいことはイメージできますが、実際どのように効果があるのでしょうか。

ストレッチポールにはリラクゼーション効果があり、外側の筋肉を緩ませる効果があります。

ストレッチポールに仰向けに寝ることで、筋肉の緊張がほどけ、背骨の並びを整え姿勢をよくし、本来の正しい姿勢にリセットする効果が期待できます。

背中の筋肉がゆるむことで、肋骨が広がり多くの空気を吸うことができます。

そして深い呼吸ができることで、脳もリラックスすることができ、全身の緊張を解くことができます。

つまり、ストレッチポールはそれを使って運動するのではなく、筋肉や筋など体の調子を改善してくれるものなのです。

スポーツだけでなく、仕事や私生活、長時間のスマホやパソコンなどで肩コリなどがある方は多いのではないでしょうか。

前かがみの姿勢を長時間行うと肩甲骨周りの筋肉が硬直し、肩コリの原因になるのです。

ストレッチポールを使った動きは、自分の腕の重みで狭くなった胸をストレッチし肩甲骨周りの筋肉を緩めてくれます。

また、ストレッチポールを寝る前に使用し、体をほぐしておくと睡眠の質が改善されるということも期待できます。

これらのことから、肩コリなどがある方の多くが使ってみたいと思うかもしれませんが、実物は結構大きく、値段も高いものが多いです。

もっと手軽に代用できるものや、代用品の簡単な作り方があればいいですよね。

ストレッチポールで得られるダイエット効果

ストレッチポールで得られるのは姿勢改善や筋肉を緩ませるストレッチ効果だけではありません。

以前テレビで、ストレッチポールを使ったダイエットが紹介されました。

それはストレッチポールの上に寝転がり、ごろごろと動くだけというダイエット方法です。

ストレッチポールの上に仰向けに寝転がり、からだを揺らすことで肩甲骨周りが刺激され、褐色脂肪細胞という細胞が活性化されて脂肪を燃焼させる働きが高まるというものです。

褐色脂肪細胞は脂肪の燃焼を助ける働きと、エネルギーを消費して体温を高く保つ働きがあります。

つまり、褐色脂肪細胞の働きがよければ脂肪が燃焼しやすく、代謝が上がりやすい体を手に入れることができるのです。

しかし、この細胞は大人になるにつれて働きが悪くなったり、減っていってしまいます。

ストレッチポールを使ったダイエットは、年齢とともに減って働きが悪くなった褐色脂肪細胞を活性化させることができるのです。

また、ストレッチポールを使ったダイエットは運動してカロリーを消費するのではなく、細胞を活性化させることで脂肪を燃焼させやすい体をつくるものです。

そのため、運動が苦手な方でも挑戦しやすいダイエットだといえますが、本当に効果があるのか、続けられるのか自信がない人は多いかもしれません。

ストレッチポールの代用品や、その簡単な作り方もあるので、まずは手軽に用意できるもので始めてみるのがいいでしょう。

ストレッチポールの代用品でおすすめはヨガマット

ストレッチポールの代用品で、まず考え付くのがヨガマットです。

ヨガマットはくるくると巻くだけでストレッチポールになり、作り方も簡単です。

6mmぐらいの厚さの少しい硬いものを使うといいでしょう。

薄いヨガマットや柔らかいものは、中心に芯のようなものを入れて調整する必要があります。

一般にストレッチポールは長さが90~100cm程です。

上に乗って仰向けに寝たときに、お尻から頭までがしっかりと乗る長さのものが理想的です。

対してヨガマットの幅は、平均的なもので60~70cm程のものがほとんどのため少し短いかと思います。

もし、最初からストレッチポールの代用としても使用するつもりでヨガマットを選ぶなら、少し幅が広いものを選ぶようにしておいてもいいでしょう。

ストレッチポールとして使う際は、きれいに巻いて専用のバンドで止めるか、ゴムなどで縛って使うようにしてください。

タオルで代用するストレッチポールの作り方

もっと簡単に、家にあるものでストレッチポールに代用できるのはタオルです。

そのため、タオルをストレッチポールの代用品として使っている人は多いようです。

ただ、タオルでは少し柔らかいため、ペットボトルなどを使い芯を入れたほうがいいでしょう。

作り方は、芯に大き目のタオルなどをできるだけきつく巻き、ヒモやゴムなどでしっかり縛ったらでき上がりです。

ストレッチポールの幅は約15cm程なので、タオルを重ねたりして調整しましょう。

また、タオルを丸めたものはストレッチポールとして使うには短いので、2本同じものを用意し使うといいでしょう。

芯を入れずに、タオルだけで代用する場合は少し柔らかめにできるため、実際のストレッチポールを使ったら硬くて痛みがでる人などには柔らかく、程よく刺激してくれるタオルはちょうどよいかもしれません。

代用品でのストレッチポールの作り方

その他の材料から用意して作るのであれば、ホームセンターなどで材料は簡単に揃います。

まず、ストレッチポール自体どこで買えばいいのか悩む方も多いと思います。

これが販売してあるのは、スポーツ店やエクササイズ用品などが置いてある売り場、もしくはネット通販などになります。

しかし、実際にお店に探しに行っても、お店に置いてあるのはせいぜい2、3種類といったところで、色も値段も選択肢がそれほどないことがほとんどです。

ネット通販であればたくさんの商品が見られますが、質感や硬さなどは実際のものを見ないと分かりません。

また、ストレッチポールは値段も結構高く、使いこなせるかどうかもよくわからないなど、不安もあるとなかなか購入に踏み切れない方も多いでしょう。

その点、ホームセンターなどで用意した材料で簡単に作れると、かなり始めやすいですよね。

ホームセンターにある材料だと、塩ビパイプと梱包用の緩衝材やミラーマットなどが使いやすいです。

塩ビパイプの長さは90cmで、直径は10~13cmくらいのものを選ぶといいでしょう。

そして作り方は、塩ビパイプに緩衝材を巻きつけて直径を15cmくらいにして、テープでしっかりととめるだけです。

材料は他にも代用でき、芯に使うものは硬くて強度のあるものなら大丈夫です。

ちょうどいい太さのものがあれば、竹なども軽くて加工しやすくおすすめです。

ストレッチポールは作り方次第で安く作れる

テレビなどで多く紹介されているため、ストレッチポールを使って簡単なストレッチなどをやってみたいと思う人も多いことでしょう。

しかし、ストレッチポールの購入を真剣に検討された方は、思った以上に値段が高く、断念せざるを得なかったということもあるかもしれません。

一見すると、ただの棒のように見えますが、安くても3.000円からで、1万円くらいするものもよくあります。

これなら簡単なマッサージ機は買える値段ですし、「え、こんな値段するの?」と驚いた経験があるのではないでしょうか。

確かに、ストレッチポールは正規品を使った方が効果は見込めるかもしれませんが、簡単に代用品を作ることもできます。

作り方も簡単で、自分の体に合うオリジナルを安く作ることも可能です。

既に家にあるタオルなどで作れば新たな出費はありませんし、ホームセンターなどで安く材料を用意できれば1.000円程で作ることも可能です。

ストレッチポールを買う前に一度、安い材料で自作してみてもいいかもしれません。

ストレッチポールを自作して気持ちよくストレッチ

安く簡単にストレッチポールを手に入れることができれば、ダイエットにも効果が期待できるストレッチは是非やってみたいですよね。

筋膜リリースなどにも使えて体の調子などを自分で整えることもできますし、怪我の予防にもなります。

タオルなどでも簡単に代用できるので、気持ちのいいストレッチから気軽に始めてみてください。