バランスボールで体を絞る!スリムを目指す腹斜筋の鍛え方

トレーニングジムやオフィスでも利用されるようになってきたバランスボールを使って、自宅で上手に体を引き締める方法を考えていきます。

バランスボールを利用することで、体の多くの部分を鍛えることができます。

お腹にある腹斜筋の鍛え方もあるので、上手く活用することでスリムな体を作ったり、維持することが可能です。

大きな筋肉を付けずに、ダイエット効果や姿勢を正す効果もあるバランスボールに注目です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エアロバイクの消費カロリー量は本当に信じて大丈夫なの?

ダイエットする時に、ランニングにしようか、水泳かウォーキングかで、悩むことも多いと思います。...

バランスボールを使って腹筋を割ることができるのか?

最近では、老若男女問わず筋力トレーニングに励み、SNSなどで引き締まったボディを公開している...

エアロビクスのステップの踏み方は?

エアロビクスは、簡単な動きから複雑な動きまで何種類ものステップを使いながら、レベルに合わせた運動...

アラサーは痩せない?若い頃とダイエットの方法を変えよう

アラサーになり、ダイエットしようと決意したは良いものの、ダイエットしても成果が出ないというこ...

バランスボールで背筋をどのように筋トレするのが効果的?

昨今、体幹はとても重要だと言われています。体幹を強化することで、猫背を予防する、腰痛...

ダイエット中でも食べたい!クッキーのレシピをご紹介

ダイエット中の空腹感は食べられない切なさと、食べたい欲求の板挟みで本当に苦しいものです。...

ダイエット中のおやつのカロリー!1日どれくらいまで大丈夫?

ダイエットを始める時、おやつは絶対に食べないと断言していても、いざダイエットが始まると、なぜかおやつ...

ダイエットに運動は必要?

ダイエットで痩せたいと思った時、まず必要だと思い浮かぶのは運動ではないでしょうか。しかし...

ダイエットのために!運動をお風呂でやろう!

日本人は、毎日お風呂に入るという方が多いですが、その入浴する習慣をダイエットに活かせたら時間も有...

ヨガに挑戦しよう!初心者向けの基本ポーズとは?

ヨガは呼吸や1つ1つの動作を丁寧に行うことが大事です。基本の動作を丁寧に行うことで、難しいポ...

バランスボールのミニサイズで運動!使い方をご紹介

バランスボールでトレーニングを行うことは、体幹を鍛える上でとても有効です。また、手軽に使...

カロリーの豆知識をご紹介!1グラムを計算してみよう

ダイエットをしていると、カロリーは気になりますよね。最近の食品には、栄養表示もされて...

ダイエットを成功させるには?秘訣をご紹介

主婦のブログといえば、やっぱり子育てについてのものが多いですよね。しかし、それに肩を並べ...

バランスボールミニを使ってトレーニング!

バランスボールは運動をするために、簡単に扱うことのできる道具です。また、バランスボールに...

ピラティスの呼吸、こうすればわかりやすい!

自分がどんなふうに呼吸をしているのか、気にしてみたことはありますか?私たちは普段、無...

スポンサーリンク

バランスボールの使い方

バランスボールという言葉を聞いたことがある人は、多くいることでしょう。

では、バランスボールの使い方を詳しく知っている人はどれくらいいるのでしょうか。

トレーニングジムでバランスボールを使った体の鍛え方を教えてもらい、利用している人くらいしか本格的な使い方はわからないかもしれません。

しかし、自宅でも簡単に使うことができるバランスボールの使い方を知っておくことで、いつでも1人で簡単なトレーニングをすることができます。

バランスボールの使い方としては、座って行う方法、足に挟み込み使う方法などがあります。

●バランスボールの上に座って行うトレーニング

ボールの上に座り、足は肩幅よりも少し広く広げます。

背筋は伸ばして顎を引いた状態で、上半身は動かさず、腰だけを左右順番に倒してから戻していきます。

この動きによって、骨盤周りの体幹強化を図ることができます。

●バランスボールを挟んで行うトレーニング

仰向けになり、両手は床につけた状態で、両足でボールを挟み込みます。

そのまま足を上げて、床との角度が45度くらいになるようにします。

その状態から膝を曲げて、膝がお腹に付くようにボールを引き寄せます。

限界まで引き寄せたら、また伸ばし、それを繰り返します。

この運動によって、内ももや腹斜筋を鍛えることができます。

バランスボールで鍛えられる筋肉

バランスボールを用いることで鍛えられる筋肉は沢山あります。

背筋、腹筋、そして何よりも体幹を鍛えることができるのがバランスボールの特徴です。

体の奥にある、インナーマッスルと言われる部分を強化することができるので、体を中から引き締めることができます。

また、インナーマッスルだけではなく、表面にある腹筋、背筋、足腰やお尻の筋肉など多くの筋肉を強くすることができます。

バランスボールを利用して筋肉を鍛えることは、大きな筋肉を付けないで筋肉を鍛えることができますので、ダイエットを目指す女性や、高齢の人でも、自分の体に合わせたトレーニングをすれば適度に体が引き締まります。

ダイエットのために筋トレを必要としながらも、筋肉がつくのが嫌で諦めている人には、おすすめのトレーニング器具です。

あるいは、お腹周りをダイエットさせたいと思っていても、なかなか強度の高い鍛え方をすることができない人には、簡単で効果を得ることできるトレーニングと言えます。

また、腹筋でも横腹に当たる腹斜筋を鍛えることは、引き締め効果とくびれを作るのに大事になってきます。

腹斜筋を効果的に鍛えるためにも、バランスボールが役に立ちます。

それでは、腹斜筋の鍛え方などを次から考えていきます。

腹斜筋とは体のどこ?

ここからは、具体的に腹斜筋について考えていきます。

ダイエットのためには、腹筋を鍛えて、お腹周りをスリムにすることも大事なことです。

お腹にある程度の脂肪がついてしまった状態では、食事制限だけで痩せようとしてもお腹周りの皮膚がたるんでしまいます。

そこで大切なのが、腹筋の鍛え方になります。

腹筋と一口に言っても、体の前の方にあってイメージがしやすいシックスパックと言われる腹直筋、そして横腹の位置にある腹斜筋、さらに腹圧などに関わる腹横筋があります。

このうち、腹斜筋と腹横筋はインナーマッスルと呼ばれます。

通常、腹筋を鍛えるといってトレーニングを始めると、腹直筋に効果のある鍛え方ばかり用いられることが多いです。

しかし、それと同時に腹斜筋を効果的に鍛えることで、横腹についた脂肪を少しずつ落としていくことができます。

さらに、ここの脂肪が落ちていけば体がスリムに見えますし、くびれを作ることもできるようになってきます。

鍛え方は色々とありますが、バランスボールを使った腹斜筋の鍛え方であれば、楽しく行うことができますし、他のトレーニングにもバランスボールが利用できます。

1つの器具で、多くの筋肉をバランス良く鍛えることができるのです。

バランスボールによる腹斜筋の鍛え方

バランスボールを利用することで、体の多くの部分を鍛えることができます。

その中でも、今回はお腹周りを引き締めて、スリムになることができる腹斜筋の鍛え方をご紹介していきます。

そもそも腹斜筋は、よくある腹筋トレーニングをしているだけでは鍛えることができないのかと考えるかもしれません。

結論から言えば、なかなか鍛えにくい筋肉であると言えます。

仰向けに寝転んで膝を立て、お腹の力で上半身を起こしていくような腹筋は、体の前面を鍛えるためのトレーニングだからです。

腹斜筋を鍛えるには、捻りを加えたトレーニングが重要になってきます。

では、バランスボールを利用した腹斜筋の鍛え方を見ていきましょう。

1、体を横向きにして寝転びます。

2、バランスボールを膝から下で挟みます。

3、この状態からボールをできるだけ地面と垂直になるまで伸ばします。

4、上まで上げて、ゆっくりと元に戻すことを繰り返します。

最初のうちは大変なトレーニングかもしれませんが、このトレーニングを行っていけば、腹斜筋を鍛えることができます。

バランスボールによる体幹の鍛え方

バランスボールを使うことで、体幹をよりしっかりと鍛えることができます。

筋トレをすると、通常は表面に見えている筋肉を鍛えることばかり気にしてしまいがちです。

お腹周りをすっきりさせ、スリムな体を作っていくには、腹斜筋なども含め、多くの筋肉を引き締めていくことが不可欠です。

バランスボールを利用したトレーニングをすれば、不安定な状態になるので、多くの筋肉に刺激を与えることができます。

例えば、バランスボールを使った体幹の鍛え方として、ボール・プランクと言われるものがあります。

ボールプランクは、バランスボールの上で、体幹トレーニングであるプランクをすることです。

1、まず、肘から手首までをバランスボールに付け、足はつま先立ちで立ちます。

2、体は斜め45度くらいになるように真っすぐにします。

3、この状態を30秒ほど維持することを数回繰り返します。

バランスボールはどのようにしても不安定ですから、これが体幹強化に役立つのです。

腹斜筋の鍛え方で変わる体つき

バランスボールを上手く利用する、体幹の鍛え方をご紹介しました。

前項の鍛え方は、大きな負荷がかかるわけではありませんが、最初のうちはきついトレーニングに感じるかもしれません。

しかし、続ける事で効果を発揮します。

また、腹斜筋を鍛える事でダイエット効果を高めることもできます。

ダイエットを成功させるのは、なにも体重を落とすことだけではありません。

体を引き絞って、スタイルを良くしたり、くびれを作ることもダイエットの成功と言えます。

腹斜筋を鍛えると、横腹に付いた脂肪を落とすことに繋がりますから、それがくびれを作ることになります。

さらに、腹斜筋を鍛えることで、姿勢の維持ができます。

正しい姿勢をしていれば、周りから見た時も綺麗な姿に見えますし、身長も高く見えます。

そして、腹斜筋は、内臓の位置を正しい位置に配置するために必要となります。

お腹が出てくるのは、ただ脂肪が増えているだけではないことがあります。

年齢と共に、体の多くの部分が重力に負けるように下がってくるものです。

それは、内臓も同じことが言えます。

腹斜筋は、内臓を元通りの位置に固定するためのコルセットのような役割を果たしてくれますので、腹斜筋を鍛えることで、良いスタイルを保つことができます。

バランスボールで体を綺麗に引き締める

バランスボールを使った体の鍛え方は、沢山あります。

その中でも、特にダイエットや体を引き締めるために役立つのが腹斜筋の強化です。

腹斜筋を鍛えることで、姿勢を良くしてくれますし、たるんでしまった内臓を元通りの位置に収めるためにも役立ちます。

一か所ずつ筋肉を鍛えることで、若々しい体を維持することは可能となるのです。

いつまでも綺麗な体を維持するには、地道な体の鍛え方が何よりも重要になります。