ダイエットのストレス!太る人と痩せる人の違いは?

「ストレス太り」と聞くと、やけ食いやドカ食い、やけ酒などを連想してしまいます。

実際にストレスを強く感じた日は「ようし!食べるぞ!」「飲んで忘れよう」などと思っている人も多いでしょう。

一方で、ストレスによって痩せるという人もいるようです。

ダイエットによるストレスで、かえって太ってしまった人などからすると、信じがたいことかもしれません。

ここでは、ストレスで太ることや、なぜか痩せる人との違いなど、知っているようで実は知らない本当の理由と改善策をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダイエットしたいけど運動したくない場合は?

ダイエット方法というと、運動を取り入れたものが多く、運動をすることが嫌いという方は途中で挫折してしま...

カロリーの豆知識をご紹介!1グラムを計算してみよう

ダイエットをしていると、カロリーは気になりますよね。最近の食品には、栄養表示もされて...

ダイエット中でも食べられるおやつのレシピは?

年末年始の飲み会のように、時期によっては「食べ過ぎて太ってしまった」という状態になってしまう方もいる...

ダイエット効果を上げるウォーキングのコツ

ダイエットでウォーキングに取り組む方も多いかと思います。特別な器具も必要なく手軽に取り組...

アラサーは痩せない?若い頃とダイエットの方法を変えよう

アラサーになり、ダイエットしようと決意したは良いものの、ダイエットしても成果が出ないというこ...

バランスボールでスクワット!壁を使った方法をご紹介

バランスボールを使った筋力トレーニングの方法には、たくさんの種類があります。その中でも、スク...

ダイエット中も食べよう!1日に摂取すべき炭水化物の量は?

ダイエットを希望する方々の間で、糖質オフや炭水化物オフダイエットなどが流行っていますが、最近...

バランスボールを使って腹筋を割ることができるのか?

最近では、老若男女問わず筋力トレーニングに励み、SNSなどで引き締まったボディを公開している...

ダイエットに適しているのはウォーキング?

ダイエットするならまずは運動ですが、いざ運動するとなると、準備やその後の筋肉痛などが心配になった...

バランスボールで背筋をどのように筋トレするのが効果的?

昨今、体幹はとても重要だと言われています。体幹を強化することで、猫背を予防する、腰痛...

ダイエット中に良い食品は?

ダイエット中に食べる食品は、効果を得るために選別することになります。例えば買い物をする時...

家で簡単エクササイズ!パワーヨガdvdのおすすめをご紹介

運動をしたくても、仕事や家事などで思うように時間が取れないことが多くあります。しかし、ヨガの...

音楽とヨガの関係は?

心と体を落ち着かせ、インナーマッスルを刺激するにも効果的なのがヨガです。最近は、激しい動...

ダイエットや健康に大切!1日に飲む水の適正量と注意点は?

人間の体の大部分は水分で成り立っているため、体の水分が不足すると大変なことになってしまいます...

バランスボールでゆったりトレーニング!体幹をどう変える?

バランスボールでのトレーニングは、体幹を手軽に効率よく理想に近づけるのにとても適しています。...

スポンサーリンク

ストレスで痩せる人と太る人の違い

ストレスで太ってしまう人と、痩せてしまう人との違いは食べる量です。

太るタイプの人は、ストレスを発散するために「食」に走ってしまいがちです。

それに対して、ストレスのせいで痩せてしまう人は「辛すぎて食事も喉を通らない」または「食欲すらなくなってしまう」タイプの人です。

しかし、痩せる原因がストレスの場合は、どうしても健康的に美しくなるというわけにはいきません。

痩せるというよりは、やつれた印象になってしまうことがほとんどです。

摂るべき栄養が摂れなくなってしまうのだから当たり前の話ですが、これでは羨ましいとは言っていられませんよね。

ダイエットをしている人の中でも、思うように成果が上がらなかったり、食べたいものを我慢する辛さなどでストレスを感じてしまう人は多いです。

この場合、太るタイプの人は「どうせダメなんだから今日ぐらい思いっきり食べてやる!」などと理由をつけて食べてしまうのに対して、痩せてしまう人は、ストレスのせいで食べることすらままならなくなったり、ひどい人は摂食障害に陥ってしまう人もいるのです。

二つのタイプでは断然太る方が多いのですが、なぜ食べてしまうのか、またはなぜ食べられなくなるのかということを考えると、性格の違いやストレスに対しての耐久力の違いによるものということが言えます。

加えて、太ることと痩せることの理由は、体内でのストレスの影響の仕方が違っていることもわかっています。

太ってしまうという人は、単に食べるからという理由ではないようです。

ストレスで太る人の理由

ダイエットをしているのに太ってしまうと悩んでいる人にとっては、どうしても止められない食欲は深刻です。

それでは、なぜ太ってしまうのか、詳しくご説明していきます。

まずは性格上の理由からご説明しましょう。

ストレスを感じ、落ち込んだり苦しくなったりした時に、食べることで幸福感を満たしたくなるのが太るタイプの人ですが、実はストレスに強いタイプの人だと言えます。

ストレスは人によって考え方も感じ方も違いますが、それ以上にそれを発散しようとする前向きな考え方ができる人です。

また、ストレスのせいで、体内では通常とは違う「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。

このホルモンは通称「ストレスホルモン」とも呼ばれ、分泌されることによって代謝異常や血圧の上昇、そしてストレスに弱い腸にも影響を与えてしまい便秘や下痢に繋がる場合があります。

また、それに加えて健康な体の場合、体内の色々な場所にいるミトコンドリアがエネルギーを作り出し放出しているのですが、ストレスによって発生した活性酸素がその大事なミトコンドリアを傷つけ、エネルギーを生成する力が弱まってしまいます。

そのため、食べたものから摂取した栄養がエネルギーとして消費されにくくなってしまい、太りやすくなるのです。

ストレスで痩せる人の理由

ストレスを感じると食べることすらままならなくなってしまい、痩せてしまうタイプの人は、なぜ食べることができなくなるのでしょうか。

同じことが起きてストレスを感じたとしても、人それぞれでその度合いは違います。

痩せるタイプの人は、ストレスを受け止め、それを発散するのが苦手なタイプです。

強いストレスを感じた場合、自律神経までもがバランスを崩してしまい、その結果体調が悪くなったり、食欲がなくなったり、食べても喉を通らないなどの症状が現れることがあります。

また、このようなことは責任感や自分に厳しい面がある場合が多く、ダイエットに関しても「食べすぎてしまった」「体重がうまく減らない」などで自分を責めてしまう人に多いようです。

さらに「なぜ自分は我慢ができないんだ」「頑張っても結果が出ない」「私はダメな人間だ…」というように、極度に悩みすぎたり、自分を攻めたりすることでますますストレスが増えていき、自律神経の乱れも深刻さを増してしまいます。

その結果、ひどい時は摂食障害に陥ってしまうなど深刻な事態に陥ってしまうというわけです。

このように、太るタイプの人は羨ましく思うべきではありません。

ダイエットのせいで太る?ダイエットもストレスの原因に

ストレスに対して強いタイプだとしても、体内で起こる様々な変化によって食べることがやめられない人や、そんなに食べていないのにダイエットがうまくいかない、またはリバウンドを繰り返す人も少なくありません。

ダイエットをしながら、そのような結果を目の当たりにしたり、自分でもどうしても止められない食欲によって、負のサイクルに飲み込まれてしまっては大変です。

ストレスで太ってしまうタイプの人は、体内で発生する「ストレスホルモン」の影響で、エネルギーが消費されにくくなっている状態です。

そうなると、ストレスのせいでたくさん食べてしまうのに、エネルギーとして生まれ変わることもなく脂肪として蓄積されてしまいます。

もちろん全てのストレスで太るタイプの人が、必ずそうなっているとは限りませんが、可能性がある以上は避けたいものです。

しかし、リバウンドを繰り返しているという人は、この負のサイクルに陥ってしまっている可能性が高いと言えます。

できるだけ早く、まずはその負のサイクルを作る原因であるストレスを効率的に発散させたいところです。

ストレス発散とダイエットに効果的な3つのこと

ストレスを発散する方法として、食べることを選んでしまえば、太ることは目に見えています。

太るのを覚悟しながら食べるくらいなら、ダイエットのためにも違うことに目を向けてみましょう。

それでは、ストレスを発散するための方法をご紹介します。

●体を動かす

スポーツが好きな人ならば、好きなスポーツを楽しむことでストレスを発散することができます。

それだけではなく、スポーツで体を動かすことでリフレッシュ効果や疲労回復の効果も期待できます。

そしてなにより、カロリー消費の面からダイエットに効果があるのは言うまでもありません。

ストレスや疲労のせいで体がだるく、動きたくないと思っている時も、少し頑張って体を動かすことで、ダラダラすごして体を休めることよりもはるかに効果的と言えます。

●ドカ食いをやめておやつを見直す

食べることでストレス発散をしている人で、どうしても食欲が押さえきれない場合は食べるものを変えてみましょう。

スルメや干し貝柱などを、ゆっくりとかみながら、時間をかけて食べましょう。

噛むことで満腹感を感じることができる上、ストレス解消にも顎を動かすことは有効とされています。

同様に食事の際もゆっくりとよく噛んで食べることでダイエットに効果に繋がります。

満腹感を感じるのが早くなるため、ドカ食いや食べすぎの防止になるのです。

●寝る前のストレッチ

アクティブに体を動かすことでリフレッシュができるのですが、その後はリラックスを目的にしてゆっくりとストレッチをしましょう。

この場合、体を柔らかくすることが目的ではないため、痛くない程度に行うのがコツです。

背筋を伸ばすストレッチや、椅子などを使った股関節のストレッチ、または胸を大きく開いたり閉じたりするのもお勧めです。

ストレッチを毎日続けることで、1日の疲れをリセットすることができます。

その他、特に背筋伸ばしは姿勢を保つのに効果的であるため、自然によい姿勢での生活を目指すことができます。

しっかりと背筋を伸ばして生活するだけでも、実はダイエット効果があるのです。

さらに、ストレッチをすることで全身の血流も促進されますので、体のだるさや肩こりなども改善できます。

体の不調はストレスに繋がってしまうので、ダイエットの面からみても、またストレス解消の面からみても効果的だと言えます。

ダイエットをしていてもストレスで太らないための栄養と心の栄養

ダイエットで食事制限をしたり、ストレスが溜まってドカ食いをしてしまった場合、心配なのが栄養のバランスです。

栄養のバランスがしっかり取れていないことで、疲れやすくなったり便秘や胃の不調、さらにはお肌にまで影響を与えてしまいます。

ダイエットや日常生活の中で、知らず知らずのうちに溜まってしまったストレスを解消しながら、栄養面もしっかりと補うことで、太ることを防げるでしょう。

●ビタミンC

抗ストレスホルモンの生成に必要な栄養素です。

ビタミンC不足ではストレスを解消しにくくなってしまうので、こまめに摂るようにしましょう。

●ビタミンb群

ビタミンb群は、神経や脳に働きかける栄養素です。

不足することで、気分が塞いだり神経が過敏になるなどのことが考えられます。

そのため、ちょっとしたことでもストレスに感てしまうようになってしまいます。

●カルシウム

神経の昂りを抑え、気持ちを穏やかにする働きがあります。

不足することでイライラしやすくなってしまうので、こまめに摂りましょう。

●ビタミンE

血流を促進し、心身の疲労を改善してくれる栄養素です。

食事の栄養バランスを整えるだけでも、ストレスや太ることに効果的です。

ダイエット中でも栄養のバランスはとても大事なので、食事制限をする場合は気を付けなくてはなりません。

さらに、ストレスを溜め込まないために心にも栄養を与えてあげましょう。

趣味や好きなことに没頭する時間を作り、日常生活やダイエットのことを忘れる時間を作ることで、ストレスを軽減したり、溜め込まずに済みます。

映画観賞や読書、音楽などで心にも栄養を与えてあげましょう。

また、ゆっくりと湯船に浸かったり、マッサージをするのもお勧めです。

頑張りすぎから来ることが多いストレスを、受けるのは逃れようがないとしても、解消したり軽減する方法を自分なりに作ることが大切です。

そうすることで、自然にストレスによって食べすぎて太ることも改善されていくのです。

ストレスは溜めないことが大事

ストレスは人それぞれ感じ方も受け方も違ってきます。

ひどいストレスによって、太ることはもちろん痩せていくのも大変なことなのです。

大切なのは、受けたストレスを溜め込まずに発散することと、ストレスに強くなることです。

ダイエットも、楽しみながら行うことができればストレスも今よりずっと少なくなるのではないでしょうか。

バランスの取れた食事と適度な運動、そして心と体にしっかりと休息を与えて、ストレスに強い体作りをすることも忘れないようにしましょう。